Lily Chou-Chou(リリイ・シュシュ)

読み : リリイ シュシュ

Lily Chou-Chou(リリイ・シュシュ)は映画『リリイ・シュシュのすべて』に登場する架空のアーティスト。
Lily Chou-ChouのヴォーカルはSalyu(略称:リーシュ)
アルバムのプロデュースは小林武史。

Lily Chou-Chouの由来・意味

Lily Chou-Chouというアーティスト名は2人の人物の名前が由来となっている。
18世紀のフランスの作曲家・ドビュッシーの最初の妻である「Rosalie Texier」 の愛称「Lily」と、2番目の妻との間に授かった娘「Claude-Emma」 の愛称「Chou-Chou」を合わせてLily Chou-Chou。

架空のアーティスト・Lily Chou-Chou

Lily Chou-Chouは映画では架空のアーティストとして登場するが、
プロフィールやディスコグラフィーも設定されている。
本名は鈴木 圭子(すずき けいこ)。
1980年12月8日生まれ。
「ブラッドベリ・オーケストラ」~「フィリア」というバンドをヴォーカルを務め、Lily Chou-Chouとしてデビュー(という設定)
映画にSalyuは直接出演していないものの、映画内に流れるプロモーションビデオに登場している。

「ブラッドベリ・オーケストラ」は小林武史と大沢伸一のユニット名にもなっている。
BRADBERRY ORCHESTRA
Salyu