大橋トリオ

読み : オオハシトリオ

大橋トリオは千葉県出身のミュージシャン。
トリオという名前だが一人で活動しており、スガシカオ(菅 止戈男)のように本名でもない。本名は大橋 好規(よしのり)。

ピアノ、ギター、ベース、ドラムなど複数の楽器を使いこなすマルチプレイヤーで、ソロ活動の他に映画音楽やドラマ、CMの音楽制作、小泉今日子、SMAP、山下智久などアーティストへの楽曲提供も行っている。

大橋トリオの由来

大橋トリオというソロユニット名は、ジャズのグループ名によく使われる「◯◯トリオ」が由来となっている。大橋トリオは洗足学園音楽大学音楽学部ジャズコースピアノ科を卒業しており、ジャズをやっていたこと、一人でビアノ、ギター、ベース、ドラムなど複数の楽器を演奏することから一人バンドという意味も込めてソロユニット名を大橋トリオと命名。

もともと僕がジャズをやってたことが一番の理由なんですけど、ジャズのグループが“なんとかトリオ”ってつける感覚がいいなと思っていて。あと1人なのにトリオっていうキャッチーさも含めて大橋トリオ。最初は冗談と本気半々だったけど、今はそれが当たり前に定着してきているというのが、“してやったり”な感じではありますね(笑)。

引用:大橋トリオ – 音楽ナタリー Power Push
参考:Interview after LIVE 2009.09.12

『HONEY』

6thアルバム『NEWOLD』収録

NEWOLD