三代目魚武濱田成夫

読み : サンダイメウオタケハマダシゲオ

三代目魚武濱田成夫は兵庫県西宮市出身で詩人、絵本作家、音楽家、俳優など多彩な顔を持つ。
読み方は「さんだいめうおたけはまだしげお」。
詩人として「自分を誉め讃える作品」しかつくらないことをポリシーに持っている。
三代目魚武濱田成夫のブログのドメインは「orekosogaore(俺こそは俺)」であ。まさに自分を称える詩人らしい。
私生活では1998年に女優の大塚寧々と結婚し、2001年に離婚。

三代目魚武濱田成夫の由来

三代目魚武濱田成夫という変わった名義は実家の寿司屋の名前が「魚武」であることに由来する。25歳の時に「魚武」の三代目を襲名したことから本名の濱田成夫に「三代目魚武」を冠している。

『俺は君の乳首を世界一やさしく噛むために東京へきた。』
『おまえがこの世に5人いたとしても5人ともこの俺様の女にしてみせる』
『俺には地球が止まってみえるぜ』
など詩集のタイトルはかなり変わったものが多い。

様々な作品をリリースしているが、詩の提供も行なっている。U2ファン以外にはあまり知られていないが、アイルランド出身のロックバンド・U2の1997年リリースのアルバム『POP』の日本盤の和訳歌詞カードに三代目魚武濱田成夫が魚武について書いた詩が載っており、2万枚限定のアナログ盤に書き下ろしの鉛筆書のポスターが封入されていた。