シシド・カフカ

読み : シシド・カフカ

シシド・カフカはメキシコ出身の女性ドラマー。1985年6月23日生まれ、身長175cmのモデルのような美人ドラマー。モデルの仕事もこなしている。中学時代はアルゼンチンで過ごし、14歳の時にドラムを始め18歳でプロミュージシャンとなる。小学校4年の時にテレビの音楽番組でバンドが演奏している観た際、音の基盤を支える存在であるにも関わらずドラマーだけ一度も映らなかったことからその地味さに惹かれてドラムを好きになったそう。
18歳の時にTHE NEWSの三代目ドラマーとして活動をスタートし、青木裕子、パンタ(頭脳警察)、ダイアモンド☆ユカイのサポートドラマーを務める。大島賢治(ex.THE HIGH-LOWS)と平出悟(UVERworldプロデューサー)と出会い、ドラムヴォーカルとしての活動もスタートさせる。

2012年9月19日にデビューシングル『愛する覚悟』をリリース

シシド・カフカの由来・意味

苗字のシシド(宍戸)は本名だがカフカはアーティスト名。「カフカ(kavka)」はチェコ語で「カラス(コクマルガラス)」を意味する。シシド・カフカが敬愛するコピーライターに名前を付けて欲しいと頼み、普段から黒い服を着ているためカラスのイメージがあることから、カラス=カフカと命名してもらった。
※チェコ出身の作家のカフカの綴りはKafkaだが、シシド・カフカの綴りはkavka。発音は同じ。
由来参考:シシド・カフカに直撃インタビュー

コクマルガラス

コクマルガラス