20th Century

読み : トゥエンティース・センチュリー

20th CenturyはV6のメンバー3人によるグループ名。
年少組はComing Centuryとして、年長組は20th Centuryとして活動している。
20th Centuryは坂本昌行、長野博、井ノ原快彦の3人。
(通称:トニセン)

20th Centuryの由来

名称がなかなか決まらず年長組のComing Centuryに対抗して「V6アダルトチーム」や「V6ヤングチーム」と仮の名前があったが、
事務所の先輩である近藤真彦が社長のジャニー喜多川氏に「20th」をグループ名として提案し、Coming Centuryと合わせて「Century」を付け、20th Centuryと命名することが決まった。

読み方は「トゥエンティース・センチュリー」なので略称は「トゥエセン」となるところだが、発音は「トゥエニース」となるためジャニー喜多川氏が略称を「トニセン」と命名した。

20th Centuryというグループ名が決まる前は、V6ヤングチームという仮称であった。これはComing Centuryの仮称・V6アダルトチームに合わせたもの。さすがにV6ヤングチームではカッコがつかない。

Coming Centuryの由来
V6の由来