CHEMISTRY

読み : ケミストリー

CHEMISTRYは堂珍嘉邦(どうちんよしくに)と川畑要(かわばた かなめ)によるヴォーカルユニット。鈴木亜美やモーニング娘。を輩出した1995年から2002年まで放送されていたテレビ東京のオーディション番組『ASAYAN』の企画「男子ボーカリストオーディション」で最終選考に残り、「ASAYAN超男子。川畑・堂珍」名義でリリースした仮デビューシングル『最後の夜』がオリコン初登場9位を記録。表現力・能力、2人が組んだ時の化学反応が優れていたためオーディションで見事デビューを勝ち取った。
デビューシングル『PIECES OF A DREAM』は発売6週目でオリコン1位を獲得し、10週連続5位以内を記録。

2012年4月7日のコンサートツアー最終公演にて活動休止を発表し、それぞれ堂珍嘉邦、川畑要名義でソロ活動を開始。ちなみに堂珍という珍しい性は日本で彼の一族だけだと言われている。

CHEMISTRYの由来・意味

ユニット名は堂珍・川畑の2人にヴォーカリストが起こす「音楽的化学反応」に由来する。「Chemistry」は「化学(化学反応)」や「人と人の相性」を意味し、2人の声が新しい「音楽的化学反応」を生み出すことを期待してプロデューサーの松尾潔が命名。

『PIECES OF A DREAM』