ザ・クロマニヨンズ

読み : ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズは元THE BLUE HEARTS、↑THE HIGH-LOWS↓のヴォーカル・甲本ヒロト、ギタリスト・真島昌利によって結成されたロックバンド。↑THE HIGH-LOWS↓が活動を休止し、小林勝(ベース)と桐田勝治(ドラム)が加わり2006年に結成された。1stアルバム『ザ・クロマニヨンズ』は3日という短期間、しかも作業は1日に3~4時間という驚くべきスピードでレコーディングされた。

ザ・クロマニヨンズの由来・意味

バンド名は甲本ヒロトと真島昌利(マーシー)が一緒にローリングストーンズの最終公演を観に行った時、偶然にも2人が考えてきたバンド名が一致したことから決まった。ヒロトは「クロマニヨンズ」というバンド名を閃いたものの、さすがにこの名前はないだろうと思ってマーシーに恐る恐る言ったところ、マーシーは「オーっ!」と言ってポケットから取り出した紙には同じく「クロマニヨンズ」と書いてあった。この奇跡的な一致が起こった瞬間、バンド名が「クロマニヨンズ」に決まった。気になる意味はというと、ヒロトいわく意味などなくただの言葉の響きだそう。

※クロマニヨンというのは、フランス南西部・クロマニヨン岩陰遺跡で発見された化石人骨のことで、クロマニヨン人と呼ばれる。クロマニヨン人は後期旧石器時代にヨーロッパに分布していた人類で、現代の人類と同じホモ・サピエンスに属し、欧州人の直接の祖先と考えられている。そういうわけで、ジャケットなどにクロマニヨン人をイメージしたと思われる絵が描かれている。

デビューシングル『タリホー』
「タリホー(Tallyho)」は軍事用語で「目標捕捉(目視での確認)」を意味する。元々は狩猟で獲物を発見した時に掛ける声。