RAM WIRE

読み : ラムワイヤー

RAM WIREは千葉県出身のヒップホップグループ。女性ヴォーカルのユーズ、男性ヴォーカルのMONCH(モンチ)の2人によって2001年に結成され、サポートとしてDJを務めていたRYLL(リル)が2005年に加わって現在のメンバーに。約10年ほどアルバイトをしながら地道に活動を続け、RYLLのトラックがSpontania feat. JUJU名義のシングル『君のすべてに』としてリリースされたことをきっかけに、2010年10月にミニアルバム『Beautiful World』をソニー・ミュージックよりリリースし、メジャーデビュー。

Beautiful World

RAM WIREの意味・由来

グループ名のRAM WIREは「羊たちの絆」という意味の造語。「自分たちは迷える子羊であり、同じように迷っている人たちとの絆を築きたい」という想いが込められている。「Ram」は「羊(雄)」を、「Wire」は「針金」を意味する。Wire(針金)は何かと何かをつなぐ役目があることから「絆」と解釈し、Ram(羊)たちをつなぐWire(絆)という意味から生まれたと推測する。

ミニアルバム『名もない毎日』(2012年6月27日リリース)のタイトル曲『名もない毎日』のPVで芸人・鉄拳とコラボし、鉄拳が書いたパラパラ漫画がとにかく泣けると話題に。このPVの中に実は鉄拳が隠れているそうだが、どこにいるんだろ・・・?

コラボのきっかけとなったのは、鉄拳が手掛けたパラパラ漫画「振り子」。この動画を観たメンバーが楽曲を鉄拳に送り、コラボが実現した。BGMとして使用されているのはイギリスのロックバンド・Museの楽曲『Exogenesis: Symphony Part 3』。テレビ番組の企画で作られた作品だったが、YouTubeに公開された映像をMuse本人たちが知り、公式PVとしてリリースされることとなった。
※こちらはオリジナルバージョン。MuseのPVバージョンは1分30分ほどのオリジナルの書きおろしのコマが追加されている。

『名もない毎日』のPVは初回盤に収録されている。