SIAM SHADE

読み : シャムシェイド

SIAM SHADEは日本のロックバンド
SIAM SHADEとしては1993年から活動し2002年に解散した

SIAM SHADE IX A-side Collection

SIAM SHADEの由来

『SIAM SHADE』というのは英語で『密接した影』を意味する。
図書館で辞書をめくって決めたのだそうです。

前身となるバンド「ataru(アタール)」はメンバーのアタルがリーダーだったため

メンバー

栄喜(ヴォーカル)
CHACK、HIDEKI、未来など様々な表記に改名している。
『CHACK』についてはスキッドロウのセバスチャン・バックが好きだったことから、
先輩に「イマスチャン・チャック」と命名されたことから来ている。
「イマスチャン」というのは本名の今村から。

NATIN(ベース)
SIAM SHADEのリーダーであるが、
その理由がメンバーで唯一実家住まいで電話があり連絡が確実だったため。
1999年には同じ事務所で女優の伊藤かずえと結婚している。

DAITA(ギター)
DAITA(ダイタ)というのは本名の伊藤大太から
涼宮ハルヒや灼眼のシャナの挿絵で有名ないとうのいぢのペンネームの由来が、
DAITAの本名である「伊藤」から(のいぢはSEX MACHINGUNSのNOIZYから)

淳士(ドラム)
本名は佐久間淳二
淳二から淳士に表記を変えている理由は、
姓名判断をした際にメンバーで自分だけ結果が悪かったことから、
一画増やせば良いとアドバイスをもらったため

KAZUMA(ギター&ボーカル)
ライブでは曲中ギターを弾かずに踊りだす事がある。
実家がダンス教室だから・・・かもしれない。