ステレオポニー

読み : ステレオポニー

ステレオポニーはAIMI、NOHANA、SHIHOによるスリーピースロックバンド。
略称はステポ、ステポニ。
1stシングル『ヒトヒラのハナビラ』はアニメ『BLEACH』のエンディング、2ndシングルはアニメ『機動戦士ガンダム00』オープニング、11thシングル『stand by me』はアニメ『エウレカセブンAO』のエンディングに起用され、他にもいろいろなアニメ・番組に楽曲が起用されている。12thシングル『Just rock with me』はエヴァン・トーベンフェルド(アヴリル・ラヴィーンのプロデューサー兼ギタリスト)でタッグを組み、「EVANPONY(エバンポニー)」名義でリリース。

OVER THE BORDER

2008年にシングル『ヒトヒラのハナビラ』でメジャーデビュー。2012年8月にヴォーカルのAIMIが喉のポリープ手術のために1ヶ月間の充電期間を設ける。この期間中、SHIHOは語学留学も兼ねたドラム修行のためにロサンゼルスに、NOHANAも語学留学を兼ねてダンス、ヴォーカルトレーニングのために韓国へ。
充電期間後、やりたいこと・進んでいきたい道を話し合い解散を決意し、2012年10月2日に解散を発表。
SHIHOとNOHANAはエヴァンと組んだ「EVANPONY(エバンポニー)」として活動し、AIMIも音楽活動は続けていくそう。

ステレオポニーの由来・意味

「ステレオ(Stereo)」が意味する「立体感」と「ポニー(肩までの高さが147cm以下の小柄な馬)」を掛けあわせ、「立体感のあるサウンドを、ポニーのように駆け抜けて届けたい」という思いから名付けられた。元々MIX BOXというバンド名であったが同名のバンドが他にいたためステレオポニーに。検索しても出てこなかったこと、唯一無二のバンドになりたいこと、カワイさとカッコ良さがあって自分たちに合った名前であることからステレオポニーに決めたそう。

「ハイド.ランジア」の意味

デビューアルバムの『ハイド.ランジアが咲いている』の「ハイドランジア」は「紫陽花(あじさい)」を意味する。「Hydrangea」はギリシャ語で、「紫陽花」の学名である「水の容器」を意味する。「ハイドランジア」または「ヒドランジア」と読み、英語では「ハイドレインジャ」と発音される。