Suchmos

読み : サチモス

Suchmosは、神奈川出身の6人組のグループ。
バンド名の正しい読み方は「サチモス」で、「サッチモス」ではない。
アクセントは「チ」を強調して読む(サチ↑モス)。
アシッドジャズ、ヒップホップ、ソウルなどブラックミュージックに影響を受けた多彩な音楽性を持つ。

【メンバー】
ヴォーカル:YONCE(ヨンス)
ギター:TAIKING(タイキング)
ベース:HSU(スー)
ドラム:OK(オーケー)
DJ:KCEE(ケイシー)
キーボード:TAIHEI(タイヘイ)

Suchmos(サチモス)の由来・意味

Suchmosというグループ名は、ジャズミュージシャンのルイ・アームストロングの愛称「サッチモ(Satchmo)が由来となっている。
ヴォーカルのYONCE(ヨンス)が勤めていた都立大学のスタジオに置いてあったブラウン管テレビからルイ・アームストロングのライブ映像が流れているのを見て、ベースのHSU(スー)が「ルイ・アームストロングってサッチモって言うんだよ」と言ったのをきっかけに、響きがいいということでバンド名に採用された。

ルイ・アームストロングはスキャットのパイオニアであることから、音楽的なパイオニアになるという意味も込められている。
サッチモ(Satchmo)とはスペルが異なる。

※スキャット…「ダバダバ」「ドゥビドゥビ」など意味のない音を用いて即興で歌うジャズの歌唱法。

ルイ・アームストロングの愛称「サッチモ」の由来は諸説あり、「鞄(かばん)のような大口」を意味する「サッチェル・マウス(satchel mouth)」の略であるという説、「Such a mouth!(なんて口だ!)」が訛って生まれたという説がある。

参考:Suchmos バンド名で仲間割れ? 決着は半年後か
【interview前半】 ラフに遊んでいる友達から、Suchmosは始まった

『STAY TUNE』