THE BAWDIES

読み : ザ・ボゥディーズ

THE BAWDIESは4人組のロックバンド。
読み方は「ザ・ボゥディーズ」。
メンバーはROY(ヴォーカル/ベース)、TAXMAN(ギター/ボーカル)、JIM(ギター)、MARCY(ドラム)。
(TAXMAN「本名:舟山卓(ふなやまたく)」の由来はThe Beatlesの楽曲「Taxman」から)

THIS IS MY STORY

リズム&ブルース/ロックンロールをベースにした骨太サウンドのバンドで、
ソニックス、リトルリチャード、チャックベリー、サムクックなどに影響を受けている。
ポール・ウェラーは彼らのファンでセッションとオープニングアクトの話を持ちかけられたことがある。

THE BAWDIESの由来・意味

THE BAWDIESの由来は「The Bawdy Blues(春歌、ざれ歌)」というブルース用語。
リスペクトするThe Beatlesと同じ「THE B~」で始まるブルース用語を探した際、
「The Bawdy Blues」という用語を見つけバンド名に。
※「春歌」は「エロティックな内容を歌った歌」のこと。