UNISON SQUARE GARDEN

読み : ユニゾンスクエアガーデン

「UNISON SQUARE GARDEN」は日本のロックバンド。
斎藤宏介(Vo/Gt)、田淵智也(Ba/cho)、鈴木貴雄(Dr/cho)の3人で2004年に結成。2008年にトイズファクトリーからシングル『センチメンタルピリオド』メジャーデビューした。

2011年5thシングルの『オリオンをなぞる』がTVアニメ『TIGER & BUNNY』のOP曲にタイアップされ、翌年公開された劇場版でも主題歌を務めることとなる。2013年4月には8thシングル『桜のあと(all quartes lead to the?)』がテレビアニメ『夜桜四重奏〜ハナノウタ〜』の主題歌に、またこの曲以外にもバンドのほぼ全曲の作詞・作曲を務めるベース田渕はキャラクターソングやOADの楽曲などを数多く手がけており、アニメや声優への楽曲提供も行っている。

UNISON SQUARE GARDENの由来・意味

バンド名の由来についてメンバーは「意味はない」と語っている。

バンド名を決めるよりも先にライブが気まっていたので、斉藤と田渕が苦し紛れに和英辞書で斎藤の「斉」という文字を探したところ「国歌斉唱」が出てきたのでそこから採ったとのこと。
「国歌斉唱」を英語にすると「sing the national anthem in unison」となる。「in unison」が「斉唱」を意味している。「SQUARE」と「GARDEN」については語られていないが、「square」は「四角い」「四角い広場」などという意味があり、「garden」は「庭園」といった意味である。
参考:http://wayback.archive.org/web/20140712052953/http://www.sapporo-mn.com/m/naked/naked.php?naked_id=197_1