ソルファ

読み : ソルファ

『ソルファ』はASIAN KUNG-FU GENERATIONの2枚目のフルアルバム
(2004年10月20日リリース)
2005年にはTOFU RECORDSよりアメリカでもリリース。

ソルファ

『ソルファ』の由来・意味

アルバム名の『ソルファ』はヴォーカルの後藤が「sol-fa」という英単語を辞書で見つけたことが由来となっている。
「sol-fa」は「音階のドレミファ」を意味する。
『ソルファ』は”繋がる”、”レトロストリート”をテーマにしている。

『振動覚』の歌詞の由来

1曲目の『振動覚』には後藤が敬愛するOasisへのオマージュが歌詞に含まれている。
Oasisを聴いてバンドをやろうと思った気持ちを歌詞に込めている。

永遠の生命“という部分の歌詞はOasisの楽曲『LIVE FOREVER』が元ネタになっていて、
夜明けの雨“も『LIVE FOREVER』の”in the morning rain“という部分の歌詞が元ネタになっている。
※『LIVE FOREVER』はファーストアルバム『Definitely Maybe』収録曲
ちなみにファーストアルバム『君繋ファイブエム』収録曲の『E』のエンディングで『LIVE FOREVER』のギターソロを引用している。

『サイレン』

『サイレン』は男性の視点で描かれた曲だが、
シングルの『サイレン』のカップリングには女性の視点で描いた同名曲の『サイレン』が収録されている。
歌詞が異なり、メロディとサウンドもアレンジされている。
※区別をつけるために『サイレン#』と表記される

【歌詞の違い(出だし)】
男性視点の『サイレン』 → 掴んだ細い腕
女性視点の『サイレン#』 → 太い指あなたの手

『ラストシーン』『サイレン』『Re:Re:』はどの曲も”線路沿い“がモチーフとなっていて、
3つの曲は実は話がつながっている

『ソラニン』は実は『ソルファ』が由来となっている。
浅野いにおの由来で解説