BUGRIGHT

読み : バグライト

『BUGRIGHT』はUVERworldが2007年に発売した2ndアルバム

BUGRIGHT

BUGRIGHTの由来

『BUGRIGHT』は『バグライト』と読む。
『Bug』は「間違った」という意味で、
『Right』は「正解」という意味。
これを組み合わせて作られたのが『BUGRIGHT』という造語
このアルバムの帯にはボーカルTAKUYA∞の言葉として、

自分で選んだ夢を正解にするため、
毎日”今日が人生最後の日”と想って公開しないように突き進みたい

と書かれている。

他人から「間違い」と言われようが、それを「正解」にするのは自分次第、という想いが込められている。

収録曲の由来

『ゼロの答え』
「ゼロ」は「」を意味しており、死に対する答えを表現した曲。

『SHAMROCK』
5thシングルでもある曲、榮倉奈々主演のドラマ『ダンドリ』の主題歌。
「SHAMROCK」は三つ葉のクローバーを意味し、
三つ葉のクローバーの中に見つければ幸せになるという四つ葉のクローバーがあり、
幸せは見つけにくいけれど探せば必ず見つかる」という意味。

Home 微熱39℃
歌詞の中に北緯35度、東経135度という言葉が出てくるが、
これはメンバーの出身地である滋賀県を指している。

シャルマンノウラ
ギターの彰が昔住んでいたアパートの名前が『シャルマン』で、
その裏で作った曲なのでこのようなタイトルに。

EMPTY96
「EMPTY」は「からっぽ」で、中身がないつまり「ウソ」という意味。
「96」は「69」の裏返しであり、
タイトルを裏返しにすると「真実の69」=「真実のロック」となる。