hypnosis(Mr.Children)

読み : ヒプノシス

『hypnosis』はMr.Children(ミスチル)として4作目となる配信限定のシングル。17thアルバム『[(an imitation) blood orange]』の1曲目に収録。シングル曲がアルバムの1曲目に収録されるのは本曲がはじめて。 2012年7月11日に着うたとして、2012年8月29日に着うたフルとしてリリース。
日本テレビ系ドラマ『トッカン -特別国税徴収官-』の主題歌として起用され、「ap bank fes ’12 Fund for Japan」にて初めて披露された。

『hypnosis』の意味

『hypnosis』は「催眠(状態)」を意味する。無意識な催眠ではなく、暗示などで人によってかけられた催眠状態を意味する。

曲の由来とは関係ないが、ギリシャ神話においてヒュプノス(Hypnos)は「眠りの神」として登場する。「hypnos」はギリシア語で「眠り」を意味し、「hypnosis」の語源となっている。
本曲のサビで”叶うならこのまま 夢のまんま もう現実に引き返せなくたっていい“と歌っていることからも、催眠や眠りといった現実ではない状態、夢という催眠状態にかかっている状態だとも解釈できる。
※後半は管理人の個人的見解です