勝手にシンドバッド

読み : カッテニシンドバッド

『勝手にシンドバッド』はサザンオールスターズのデビューシングル(1978年6月25日リリース)。デビュー曲ながらオリコンの最高順位は3位。後に「サザン」=「湘南」のイメージとなる、茅ヶ崎、江ノ島、湘南といった地名が歌詞に登場する。ジョンレノン一家が軽井沢の喫茶店に訪れた際、有線でかかっていた『勝手にシンドバット』の変わったアレンジに興味を持ったジョンは曲に聴き入り、”ラーララーララララーラーラー♪”とハミングしていたという記事が掲載されていた。

勝手にシンドバッド

『勝手にシンドバッド』の由来

曲名は当時ヒットしていた沢田研二(ジュリー)の「勝手にしやがれ」とピンク・レディーの「渚のシンドバッド」を合わせたものだが、志村けんの同名のギャグが元ネタになっている。『8時だョ!全員集合』にて志村けんが2曲を1曲に融合させて2曲それぞれの振り付けを踊るが、どんどん滅茶苦茶な踊りになっていくというギャグが曲名の元ネタ。