Sugar High

読み : シュガー・ハイ

『Sugar High』は鬼束ちひろの3rdアルバム。
(2002年12月11日リリース)

『Sugar High』の由来

『Sugar High』というタイトルは1995年公開の映画『エンパイアレコード』で少女が歌う『Sugarhigh』という曲が由来。
劇中でレニーセルヴィガー扮するジーナがレコード店の屋上で『Sugarhigh』を歌うシーンが登場する。

Empire Records: The Soundtrack

『Rebel Luck』の意味

『Rebel Luck』は「反逆者Luck」という意味。
「Rebel」は「反逆者・裏切り」、「Luck」は「運」。
とあるインタビューで鬼束ちひろはこう語っている。

“死ぬしかないんだって思ってる人は、死ぬ前に聞いて欲しい。
そしたら、ちょっともしかしたら「今日はやめとこうかな」っていう気になって・・・”

『砂の盾』

『砂の盾』は”『Rebel Luck』と同じ位置にいながら対極にある曲”と解説していて、
アルバム6曲目目の「Castle・imitation (album version)」を中心に、
前半と後半でシンメトリーの世界観を表現している。