ありのまま今起こった事を話すぜ

読み : アリノママイマオコッタコトヲハナスゼ

「ありのまま今起こった事を話すぜ」は想像を超えるありえない出来事が起こった際に使用される

「ありのまま今起こった事を話すぜ」の元ネタ

元ネタはマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』第三部で、
ポルナレフがDIOのスタンド能力を説明する際の台詞の一部

全文は

やつを追う前に 言っておくッ! おれは今 やつのスタンドを ほんのちょっぴりだが 体験した
い…いや… 体験したというよりは まったく理解を 超えていたのだが……
あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは 奴の前で階段を登っていたと
思ったら いつのまにか降りていた」
な… 何を言っているのか わからねーと思うが
おれも 何をされたのか わからなかった…
頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

何が起こったのかわからないパニック状態であることを表す言葉としてよく使われる。
発言者がポルナレフであることから、こういう状態になった時の事を「ポルナレフ状態」と言ったり「マジポルナレフ」等と言ったりもする。