シャンドラ

読み : シャンドラ

シャンドラはマンガ『ワンピース』に登場する都市の名前
グランドラインのジャヤ島にかつて存在していた黄金都市

シャンドラの元ネタ

シャンドラの名前の由来となっているのは『シャンバラ』という伝説上の仏教王国
シャンバラはヒンドゥー教やタントラ教の文献に登場する架空の理想郷。
アニメ『鋼の錬金術師』の劇場版のサブタイトル『シャンバラを征く者』で聞いたことがあるという方もいるでしょう。
チベット密教で伝えられる不可視の王国とされており、
幸せの源に守られた」という意味だそうです。
馴染みのある言い方をすれば『シャングリラ』とも呼びます。

また、ジャヤの先住民シャンディアのリーダー・ワイパーの台詞に、
シャンドラの灯をともせ」という言葉があります。
これはワイパーの先祖であるカルガラの言葉でもありますが、
黄金の鐘を鳴らす事で、シャンドラに再び繁栄を取り戻そうという意味でもあります。
「灯をともす」という言葉からシャンドラのもう一つの語源が見えてきます。
灯(火)をともすというとろうそくや照明器具が浮かびますが、
ろうそくは英語でキャンドル(candle)と書きますよね
キャンドルと同じ語源からくる言葉としてシャンデリア(chandelier)があり、
「candle」も強引に読めば『シャンドラ』とも読めなくはないような・・・。

また、このcandleやchandelierは『Chandra(チャンドラ)』が語源と言われています。
チャンドラというのはサンスクリット語で「」を意味しています。
「chandra」なら「シャンドラ」と読んでも無理はないですね。
月というとエネルが最後に向かったフェアリーヴァースも月でしたね。