アオハライド

読み : アオハライド

『アオハライド』は咲坂伊緒によるマンガ。『別冊マーガレット』にて連載。
2014年7月よりテレビアニメ化、同年12月に実写映画が公開。

【物語概要】
主人公の吉岡双葉は中学1年に引っ越してしまった初恋の相手・田中洸と高校になって再開するも、両親の離婚により田中の苗字は馬淵に変わっており、爽やかだった性格もクールに変わってしまっていた。離れ離れになっていた空白の3年間が少しずつ明らかになっていく。

アオハライドの意味・由来

『アオハライド』は「青春」と「ride」を合わせた造語。「青春」は「あおはる」と読ませ、「AO + HARU + RIDE」で「アオハルライド」と読むところを「アオハライド」と読ませている。そのため、英タイトルは「AO – HARU – RIDE」になっている。
単行本第一巻にて、作者はタイトルの意味を以下のように説明している。

咲坂伊緒:
「アオハライド=青春 + ride」です。
青春を「せいしゅん」ではなく、「アオハル」と読ませて、みんながその青春に一生懸命乗っていくというイメージでride(乗る)を付けました。
口に出して言ってみた時、アオハルライドよりもアオハライドの方が言いやすくてしっくいったのでこのタイトルになりました。