ブラックモア(キャッチ・ザ・レインボー)

読み : ブラックモア(キャッチ・ザ・レインボー)

ブラックモアは荒木飛呂彦のマンガ『ジョジョの奇妙な冒険 Part.7 スティール・ボール・ラン』の登場人物
大統領の部下であり、スタンド使い。遺体の場所を指すメモを奪った侵入者を追う。

使用スタンドはキャッチ・ザ・レインボー
雨を空中に固定することができる能力を持ち、雨の中なら固定した雨粒に乗って空中を移動することができる。

ブラックモア(キャッチ・ザ・レインボー)の元ネタ・由来

「ブラックモア」はイギリス出身のギタリスト「リッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore)」から。ハードロックバンド・ディープパープルの元メンバーであり、その後レインボー、ブラックモアズ・ナイトなどで活動。ロックギターにクラシックを取り入れ、その後のハードロック界に多大なる影響を与えたたギタリストとして知られている。

スタンド名「キャッチ・ザ・レインボー」はリッチー・ブラックモアが1975年に結成したバンド・レインボーのデビュー・アルバム『銀嶺の覇者』に収録されている同名の楽曲『Catch The Rainbow』が元ネタとなっている。