エンリコ・プッチ(ホワイトスネイク)

読み : エンリコ・プッチ

エンリコ・プッチはマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』第6部の登場人物
第6部の黒幕であり、DIOの親友である。
使用するスタンドはホワイトスネイク、シー・ムーン、メイド・イン・ヘブン

エンリコ・プッチの由来

プッチ神父の名前の由来はイタリア出身のファッションデザイナー「エミリオ・プッチ」と、同じくイタリアのファッションデザイナー「エンリコ・コベリ」どちらもデザイナーの名前でありブランド名でもある。

ホワイトスネイクの元ネタ

プッチ神父のスタンド・ホワイトスネイクはイギリスのヘヴィメタル・バンド『ホワイトスネイク(Whitesnake)
元ディープ・パープルのデイヴィッド・カヴァデールを中心に結成された。カバヴァデールが常にバンドの中心であり、他のメンバーはサポートメンバー的な存在でカヴァデールのソロプロジェクトのようなバンド。

Whitesnake

ホワイトスネイクが進化した「シー・ムーン」はポール・マッカートニーによって結成されたバンド・ウイングスの『C Moon』という曲が由来。

さらに進化した完成形のスタンド「メイド・イン・ヘブン」はフレディー・マーキュリーのソロアルバムに収録された『Made in Heaven』という曲から。そしてこのスタンドは連載時は「ステアウェイ・トゥ・ヘブン(天国への階段)』という名称だったが、こちらはレッド・ツェッペリンの同名の代表曲から。誰でも聞いたことのある超有名曲である。