ホット・パンツ(クリーム・スターター)

読み : ホット・パンツ(クリーム・スターター)

「ホット・パンツ」はマンガ『ジョジョの奇妙な冒険 Part.7 スティール・ボール・ラン』の登場人物。
スティール・ボール・ランに参加しているが、遺体を集めることだけが目的。実は女性。
スタンドのクリーム・スターターは肉スプレーによって肉を放射することができ、相手を窒息させたりあるいは傷を治したり姿を変えたりすることができる。

ホット・パンツ(クリーム・スターター)の元ネタ・由来

「ホット・パンツ」はファンクの帝王とも呼ばれるシンガー・ジェイムス・ブラウンが1971年に発表した楽曲『Hot Pants(ホット・パンツ)』が元ネタ

スタンド名の「クリーム・スターター」についてはハッキリとした元ネタがわかっていないが、イギリスのロックバンド『クリーム』、あるいは同じくイギリスのエレクトロロック・バンド『プロディジー』が1996年に発表した楽曲『ファイヤースターター(Firestarter)』が元ネタではないかと言われている。この曲はドラマ『踊る大捜査線』でもBGMとして使用されていたので聞き覚えがある人もいるかも。

ホット・パンツの愛馬である「ゲット・アップ」はこちらもジェイムス・ブラウンの楽曲『Get Up (I Feel Like Being a)Sex Machine』から。日本でも「ゲラッパ」や「セックスマシーン」としてよく知られている曲。