パッフィングトム

読み : パッフィングトム

パッフィングトムはマンガ『ワンピース』ウォーターセブン編に登場する海列車の名称
トムズ・ワーカーズ社長のトムが作った海の上を走る列車である。

パッフィングトムの元ネタ

パッフィングトムはオーストラリアで現在でも走っている世界最古の蒸気機関車パッフィング・ビリー』が元ネタとされている。パッフィングビリーは1900年からオーストラリアのメルボルン近くを走っている鉄道で、25kmという短い路線。1954年に一度終了したが1955年に再開、1958年に再度終了するが1962年からまた再開。保存鉄道として現在でも現役で走っている。
「Puffing」というのは英語で「(蒸気や煙を)吹く」という意味がある。

パッフィングビリー

画像:Wikipedia

パッフィングビリーは機関車トーマスのモデルになったとも言われており、機関車トーマスのスペシャル列車が走ることもあるそうな。
また、世界最古の蒸気機関を設計した人の名前が「トーマス」であり機関車トーマスの名前、そして「トーマス」の愛称は「トム」であることから、トムズワーカーズのトムの名前もそこから取られていると思われる。