特に理由のない〇〇が〇〇を襲う

読み : トクニリユウノナイ〇〇ガ〇〇ヲオソウ

「特に理由のない〇〇が〇〇を襲う」「特に理由のない暴力が〇〇を襲う」は主にTwitterでつぶやかれるフレーズ。
〇〇の部分には「特に理由のない眠気が俺を襲う」などを当てはめられる便利なテンプレ。
「特に理由のない(眠気、腹痛、食欲)が(自分の名前)を襲う」という使われ方もよく見られる。

特に理由のない〇〇が〇〇を襲うの元ネタ

「特に理由のない〇〇が〇〇を襲う」というフレーズは諫山創のマンガ『進撃の巨人』の単行本・第8巻の巻末に掲載されている「特に理由のない暴力がライナーを襲うーーー!!」という嘘予告が元ネタになっている。これは嘘の予告であるため実際に次巻でそんなシーンは登場しない。『進撃の巨人』における嘘予告は3巻からお決まりになっており、嘘予告の後に本当の予告が掲載されている。

第8巻の嘘予告では「唐突にもらった“平手打ち” 」という解説とともにライナー・ブラウンがサシャ・ブラウスに平手打ちをくらい、サシャは続けざまにグーで殴ると見せかけ、「予想外の”肘打ち”」という解説とともに肘打ちをくらう。最後に「特に理由のない暴力がライナーを襲うーーー!!」書かれている。
なぜサシャはライナーに暴力をふるったか。そこに理由などない。ライナーはただ暴力をふるわれただけなのだ。まったくもって斬新な嘘予告である。

第8巻の嘘予告の見開きのインパクト、「特に理由のない暴力がライナーを襲う」というフレーズの語感がよく使い勝手が良いということから、「特に理由のない〇〇が〇〇を襲う」と改変されて使われるようになった。暴力はそのままで「〇〇を襲う」だけが改変されることも多い。

使用例

その他の巻の嘘予告

●3巻
『怒涛の料理バトル編突入!!限られた土地の 限られた食材で 以下にして肉料理(高カロリー)に立ち向かうのか!?』
出演:サシャ・ブラウス

●4巻
なし

●5巻
『種を越えた出会い そして別れ・・・タブーを越えた二人の愛が世界に奇跡をもたらす!』
『E.T.』と『101回目のプロポーズ』のパロディ
出演:ハンジ・ゾエ(と巨人)

●6巻

『「突然の来訪者」 苛まれる思春期の呪い ジャンの壮絶な過去が明らかに!!』
ジャンの母親「ジャン!あんた!自分の部屋ちゃんと掃除したの!?」
ジャン「ババァ!!ノックしろよッ!!」
出演:ジャン・キルシュタイン(と母親)

●7巻

『一瞬の油断 無限に続くかのような地獄の苦しみ この悶絶の果てに何があるのか・・・』(アルミンが階段で足を滑らせ足のスネを打って悶え苦しむ)
出演:アルミン・アルレルト

●9巻
『血飛沫舞い踊る圧巻のパフォーマンス!!すべての巨人を魅了せよ!!』
『かくして人類の運命は最強のステージエンターテイナーに託された。』
『次巻!熱狂のアイドル編開始!』
名前:みかりん
身長:170cm
リーチ:173cm
体重:68kg
趣味:エレン
特技:肉を削ぐこと
長所:やると決めたらまっすぐ☆
短所:嫌いな人をすぐ切ろうとするなど、意外とおっちょこちょい☆
所属:調査兵団アイドル部隊

出演:みかりん(ミカサ・アッカーマン)

※著作権があるため画像は掲載していません

ライナーは他にもネタにされている
(結婚しよ)