ウェカピポ(レッキング・ボール)

読み : ウェカピポ(レッキング・ボール)

ウェカピポはマンガ『ジョジョの奇妙な冒険 Part.7 スティール・ボール・ラン』の登場人物
ジャイロと同じネアポリス出身であるが、妹のために国を追放され刺客としてジャイロ達を襲う。
スタンド能力はないが、『レッキング・ボール』という鉄球の技術を持っている。鉄球には衛星と呼ばれる小さな鉄球が付いており、これに触れると左半分を認識できない状態になってしまう。

ウェカピポ(レッキング・ボール)の元ネタ・由来

「ウェカピポ」は日本の音楽ユニット『SOUL’d OUT』の楽曲『ウェカピポ』が元ネタ。「ウェカピポ」とは「Wake Up People」をカタカナにしたものである。これまでジョジョシリーズでは洋楽のミュージシャンや楽曲を由来としてきたが、日本のミュージシャンから名前を採ったのはウェカピポが初めてとなっている。SOUL’d OUTと荒木飛呂彦は対談もしており、その際に名前の使用許可を得ている。


「レッキング・ボール」はブルース・スプリングスティーンの楽曲『Wrecking Ball』が元ネタ。