許してヒヤシンス

読み : ユルシテヒヤシンス

「許してヒヤシンス」は相手に許しを乞うための言葉。
本当に怒っている相手に使うと怒りを助長する恐れもあるので使いドコロに要注意。
同類用語として「頭をヒヤシンス」も使われる。

許してヒヤシンスの元ネタ・由来

「許してヒヤシンス」はあらゐけいいちのマンガ『日常』の5巻「日常の81」(アニメは20話「日常の86」)で主人公・相生祐子(あいおいゆうこ)が発したセリフが元ネタ。

「許しヒヤシンス」までのくだりをかいつまんで解説すると、クラスメイトの長野原みおがBLマンガを書くということで祐子(ゆっこ)は手伝いにきたがインクをこぼしてしまい原稿用紙を買いに行くことに。
ところが祐子が買ってきたのは甘酒とマーマレードジャム。みおが「私にどうしろって言うの!」と聞くと裕子はこう言った、「ゆるしてヒヤシンス」と。それに対してみおは「くだらないって騒ぎじゃないよ!ヒヤシンスどっから出てきたんだよー!」とツッコむ。
さらにその後、みおが「早く原稿用紙を出して」と言うと裕子はこう言った、「みおちゃん頭をヒヤシンス」と。
これに対してみおは「ヒヤシンスー!!頭をヒヤすのはどっちだよ!!どっちがヒヤシンスだよ!!」とツッコみ、この後さらにみおの一人回想ツッコミが続くのだが、やり取りが長いので続きは動画で。

「許してヒヤシンス」は1分40秒あたりから。
みおがツッコむことツッコむこと。最初から見ることをオススメ。


許してヒヤシンス

許してヒヤシンスのAA

ちなみにヒヤシンスとはユリ科の植物。
一体なぜ裕子が許してにヒヤシンスをつけたのかは不明。
「ヒヤシンスどっから出てきたんだよー!」とツッコんだみおの気持ちが分かる気がする。

ヒヤシンス

ヒヤシンス