女子アナウンサーの愛称・パン

読み : ジョシアナウンサーノアイショウ・パン

高島彩アナをアヤパン、生野陽子アナをショーパン、加藤綾子アナをカトパンと呼ぶなど、フジテレビの女子アナウンサーにはパンが付いた共通の愛称がある。フジテレビでは愛称に”パン”が付いた女子アナウンサーが司会を務める番組、通称・パンシリーズが放送されている。

女子アナウンサーの愛称にパンをつける理由・意味

最初にパンの愛称で呼ばれた女子アナウンサーは千野志麻(ちのしお)アナで、女子アナウンサーに付けられるパンの愛称および番組名は、千野アナが司会を務めた番組『チノパン』が由来になっている。番組名は千野アナとチノ・パンツをかけて名付けられ、後にチノパンは千野アナの愛称にもなった。

2000年~2001年まで放送された『チノパン』は、高島彩アナ司会の番組『アヤパン』(2001年~2002年)に引き継がれ、『アヤパン』終了から5年の期間を経て2007年から生野陽子アナ司会の番組『ショーパン』がスタートし、以降毎年パンシリーズが放送されている。

パンシリーズはその年にフジテレビに入社した新人アナウンサーが司会を務めること、番組名は司会を務めるアナウンサーの名前に”パン”を付けることが慣例となっており、番組名は同時に司会を務めたアナウンサーの愛称にもなる。
チノパンはチノ・パンツとかけているが、以降の番組名と女子アナウンサーの愛称はチノパンが元になっている

●パンシリーズの番組名&愛称
千野志麻アナ・・・チノパン(2000年10月~2001年9月)
高島彩アナ・・・アヤパン(2001年10月~2002年6月)
生野陽子アナ・・・ショーパン(2007年10月~2008年9月)
加藤綾子アナ・・・カトパン(2008年10月~2009年3月)
松村未央アナ・・・ミオパン(2009年10月~2010年3月)
山﨑夕貴アナ・・・ヤマサキパン(2010年10月~2011年3月)
三田友梨佳アナ・・・ミタパン(2012年1月~2012年9月)
三上真奈アナ・・・ミカパン(2013年10月~2014年3月)
永島優美アナ・・・ユミパン(2014年10月〜)

2010年~2011年に放送された山崎夕貴アナ司会の『ヤマサキパン』は、山崎製パンの通称・ヤマザキパンにあやかっており、番組は濁点のない「ヤマキ」で、山崎製パンは濁点が付く「ヤマキ」である。ちなみに山崎製パンは番組のスポンサーにはなっていない。
三田友梨佳アナの愛称はミタパンであるが、番組は『ミタバンブー』として放送された。『ミタバンブー』もパンシリーズだが、お笑いコンビのパンクブーブーも司会を務めていたため、ミタパンとパンクブーブーをかけた番組名になっている。