インファナル・アフェア

読み : インファナル・アフェア

『インファナル・アフェア』は3部作の香港映画(2002年公開)。
原題は 『無間道 Infernal Affairs』。第2部は『インファナル・アフェア 無間序曲』、第3部は『インファナル・アフェアIII 終極無間』の題名で公開。
2006年にアメリカで『ディパーテッド』と題名を変えてリメイクされ、日本では2012年10月放送のSPドラマ『ダブルフェイス・潜入捜査編/偽装警察』としてリメイクされた。

ストーリー概要
潜入捜査官のヤン(演:トニー・レオン)はマフィア組織に潜り込み、マフィアのラウ(演:アンディ・ラウ)は警察に潜り込み、それぞれ異なる立場からスパイとして潜入調査を遂行するが、警察・マフィアそれぞれの情報が漏れていることが発覚。スパイを探すためにお互い動き始めるが、善人のヤン、悪人のラウはそれぞれ潜入先で苦悩し、2人は少しずつ無間道へと堕ちていく・・・

インファナル・アフェアの意味・由来

「Infernal(インファナル)」は「地獄」を意味し、「affair(アフェア)」は「出来事、事件」を意味する。『インファナル・アフェア』の原題「無間道(むげんどう)」は仏教用語で「無間地獄」を意味し、”絶え間無く責め苦にあう地獄“を指す(一度踏み入れたが最後、二度と抜け出せず苦しみを繰り返す地獄)。
『インファナル・アフェア』は「内部捜査、内情」を意味する「インターナル・アフェア(internal affairs)」とかけていると言われている。

原作の舞台は香港

ハリウッドリメイク版の『ディパーテッド』の舞台はアメリカ