踊る大捜査線 THE MOVIE2 -レインボブリッジを封鎖せよ-

読み : オドルダイソウサセン ムービー2 レインボーブリッジヲフウサセヨ

『踊る大捜査線 THE MOVIE2 -レインボブリッジを封鎖せよ-』は織田裕二主演のテレビ・ドラマ『踊る大捜査線』の映画化第2作
2003年に公開され2012年現在で邦画の実写映画興行収入歴代1位である

『踊る大捜査線 THE MOVIE2 -レインボブリッジを封鎖せよ-』の元ネタ

ここで取り上げるのは映画冒頭の船のシーン
このシーンは湾岸署のメンバーが豪華客船をのっとり立てこもる犯人役を演じるというSAT(特殊部隊)の訓練を、青島らがSATを倒して勝ってしまい大顰蹙、というもの。
このシーンは1991年に公開された映画『遊びの時間は終らない』が元ネタだと思われる。

この映画は警察による防犯訓練として模擬の銀行強盗が行われるのだが、銀行強盗役に選ばれた主人公(本木雅弘)が本気で強盗計画を立てて警官を倒し立てこもってしまう。訓練を本気でやってぶち壊すという話もそうだが、モデルガンを使って警官に対し「バーン!」と言って倒したことにし、首から「死体」や「人質」等と書いた紙をぶら下げる。『踊る〜』でも同様に倒したSATのメンバーに『捕獲』や『死亡』などと書かれた紙がテープで貼り付けられていた。SATのリーダーに対し銃をつきつけ「パン」というのも『遊びの時間は終らない』と同じである。

踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!