リーでした

読み : リーデシタ

「リーでした」はフジテレビ系『とんねるずのみなさんのおかげでした』の企画『2億4千万モノマネ選手権』でバナナマン日村勇紀がマネしている郷ひろみのセリフ。
でもそんな時僕のことを支えてくれたのは 僕の親父でもなく、そして、お袋でもなく、そう、リーでした。」というもの。

リーでしたの元ネタ・意味

このフレーズは郷ひろみが1987年に女優の二谷友里恵との結婚報告をした際に言った言葉である。

気になるのは「リー」って誰だよ、というところであるが、これはもちろん結婚相手である二谷友里恵のことである。二谷友里恵の「友里恵」から「ユリ」→「百合」、これを英語にすると「lily(リリー)」、これを縮めて「リー」と呼ばれていたようだ。

つまり、このフレーズにおける「リー」とは、テレンスでもなく、そして、カレーでもなく、そう、「リー」でした。

郷ひろみの曲の中には「REE」というものがあり、これは二谷友里恵の事を歌ったラブソングだと言われている。もとの由来が「lily」なので「L」じゃないのかと思ってしまうが、そこまで深くは考えてなさそうである。
2013年10月24日に放送された「みなさんのおかげでした」に出演した郷ひろみは、日村が真似するこの「リーでした」に対して「ちょっと違うんだよね」「リ(Ri)ーでした」と巻き舌な感じで発音しており、郷ひろみの中では「R」の「リー」のようである。

なお、二人は1998年に離婚、その際に発売された告白本『ダディ』はベストセラーとなった。