バイブス

読み : バイブス

バイブスは、テンションが上った時などに「バイブス上がる!」「バイブス高い!」といったように使う。2013年の「ギャル流行語トップ10」では1位。ちなみに卑猥な言葉ではない。

バイブスの意味

「Vibes(バイブス)」は「Vibrations」の短縮形で、「振動」の他に「感じ、雰囲気、気持ち」という意味があり、「Good vibes(良い感じ)」や「Bad vibes(悪い感じ)」といった表現で使う。他にも「心の中、考え」といった意味もあり、内面的な気持ちを表現する時に使われる。
※余談だがThe Beach Boysの「Good Vibrations」は音楽史に残る超有名な曲。

バイブスは音楽の世界でよく使われている言葉で、「ノリ、テンション、気分」といった意味で使われる。「バイブス上がる!」は「テンション上がる!」という意味で捉えて問題ない。先ほど説明した「グッド・バイブス(良い感じ)」のように、「感じ」や「雰囲気」を表現する時にも使う。

2013年の「ギャル流行語トップ10」バイブスが1位になったのは、「テラスハウス」に出演していたモデルの今井 華がテレビで「バイブス上がる!」といった使い方をしたことがきっかけだとされる。バイブスは元々音楽の世界で使われている用語ではあるが、今井 華の影響を受けたギャルを中心にバイブスが広まっていった。