17歳教

読み : ジュウナナサイキョウ

17歳教とは、実年齢に関わらず17歳と名乗ることができる新興宗教(のようなもの)である。17歳教は声優の井上喜久子が代表(教祖)を務め、田村ゆかり、野村さくら、佐藤利奈、堀井結衣といった声優らが加盟している。実際は教団というよりギルド(組合)のような団体。

信者は「永遠の17歳」や「◯◯(名前)、17歳です」と生年月日に関わらず17歳を名乗ることが許される。年齢を聞かれた際は「17才と◯ヶ月(または◯◯日)」と答える。
また、出身地は「◯◯(出身都道府県)のお花畑」となる。

17歳教とは?由来

17歳教は声優の井上喜久子が興した団体である。
井上喜久子が17歳教を興すきっかけとなったのは、某ラジオ番組で共演した当時16歳だった声優の山本麻里安(1981年生まれ)が「山本麻里安、16歳です」と自己紹介した件。井上喜久子はこれを真似、山本麻里安が17歳になった時に「井上喜久子、17歳です」と言い始め、以降17歳を名乗るようになった。
井上喜久子の続いて他の声優も17歳を自称し始めため、井上喜久子を教祖とする17歳教が誕生した。

声優のたかはし智秋を教祖とする23歳教という、17歳教に対抗する団体も存在する。23歳としたのはリアルでツッコまれにくいため。
17歳教では「17歳です!」と自己紹介した時にツッコんだり軽く流すのが言わばお約束だが、23歳は「あ、そう、なの、かな・・・?」とツッコむことをためらわせるのにちょうどいい年齢である。

17歳の入信条件

明確な入信基準はないが、17歳教の信者は女性のみで、井上喜久子いわく「女の子の甘酸っぱい感じでいきたい」ため男性は入信できないとのこと。男性声優の若本規夫が17歳教に入りたいと希望したが、甘酸っぱさがないため断られた。

新谷良子は17歳教の入信を希望したが、”若い”という理由で井上喜久子は断った。井上喜久子が言うには、17歳教に明確な入信年齢はないが、「ドモホルンリンクルが気になる年齢」になると入信できるとのこと。
※ドモホルンリンクルは再春館製薬所のコラーゲン配合の化粧品で、しみやシワなどの悩みにアプローチする

これらの入信条件は井上喜久子自身がラジオ番組で語っている。