できらぁ!

読み : デキラァ

「できらぁ!」は難題を押し付けられ出来ないだろうと言われた時に強がってできると言い返す時の言葉。どうせお前には出来ないだろうと言われたら、出来る根拠がなくても「できらぁ!」と言い返してみよう。

できらぁ!の元ネタ・意味

できらぁ

「できらぁ!」と言って自分から「おなじ値段でもっとうまいステーキを〜」と言い出したにも関わらず、その後「つくってもらおう」と言われると「え!!おなじ値段でステーキを!?」と驚くという頭の中を見てみたくなるような発言である。お前が「できらぁ!」って言ったんじゃん。

このマンガは1982年から1987年まで月刊少年マガジンで連載されていた『スーパー食いしん坊』という料理マンガ。原作は牛次郎、漫画はビッグ碇という『包丁人味平』を生み出したコンビによる作品である。主人公である中学生の鍋島香介が様々な料理勝負を繰り広げるという内容。

問題の画像についてであるが、この画像が貼られると「左右のページが逆なのではないか」と言われることがあるが、逆ではなく実際にこれで合っている。「できらぁ!」と言ったくせに後で驚く主人公・香介の頭を心配したくなる内容なのだ。

ちなみに話の流れとしては、新装開店したステーキ屋の「ステーキ(200g)980円」という折込チラシを見た鍋島親子は「こんな値段でうまいステーキが出せるはずがない」と驚き、さっそくその味を確かめるために店へと向かう。そして980円のステーキを注文し食べてみると、ちゃんとやわらかくて美味しいステーキだったのである。

いったいどんな工夫が?などと考えていると、親子が洋食屋から来たことを知られ、味を盗みに来たのだといいがかりを付けられる。香介は盗まなくても「いい肉さえあれば誰だって焼けらあ」と言うが、ステーキハウスの店主には「この肉が980円で出せるか?」と返される。そして例の画像へとつながり、ステーキの料理勝負をすることになるのである。