ええいああケツからごぼう巻き

読み : エエイアアケツカラゴボウマキ

「ええいああケツからごぼう巻き」とは、とある曲の替え歌。

ええいああケツからごぼう巻きの元ネタ

「ええいああケツからごぼう巻き」の元ネタは、一青窈(ひととよう)の曲『もらい泣き』のサビ。
本当のサビは「ええいああ君からもらい泣き」だが、ネットで改変されて「ええいああケツからごぼう巻き」が広まった。

※「もらい泣き」は他人が泣く姿に誘われて自分も涙することを意味する。


もらい泣き

Google検索で「ええいああ」と入力すると、予測変換で「ええいああ モダン焼き」「ええいああケツからごぼう巻き」が出てくる有り様。正解が一個も出てこねえじゃねえか。
ええいああ

「ええいああケツからごぼう巻き」がどこでどう改変されたか探ってみると、「ええいああ尻からモダン焼き」にたどり着いた。

2011年8月20日に立てられた「ええいああ尻からモダン焼きという文字AAを作りました!!!!!!!」というスレにて、元ネタはニー速と書かれている。残念ながら元ネタのスレは発見できなかったが、「ケツからごぼう巻き」よりも「尻からモダン焼き」の方がログが古かったため、おそらく「尻からモダン焼き」から派生して「ケツからごぼう巻き」が誕生したのだろう。

「ええいああ尻からモダン焼き」のAA
ええいああ尻からモダン焼き

元ネタの一青窈の『もらい泣き』

一青窈ベストアルバム『BESTYO』収録