くぁwせdrftgyふじこlp

読み : フジコ

くぁwせdrftgyふじこlpはネットスラングの一つであり、一種の悲鳴のような意味を持つ。
声に出して読むことは難しいが、その一部から「ふじこ」と呼ばれることもある。

何か驚くような事が起こった際にパニック状態であることを表現するため使われることが多く、特に「誰かに襲われたのでこれ以上言えない」ような表現をする時にも使われる。またそのような状況に陥っていることを「ふじこる」と呼ぶこともある。

使用しているパソコンやキーボード、OS、入力システムなどによって他の文字列に変化することがあり、派生後は多数存在している。基本的にはQWERTY配列のキーボードでローマ字かな変換モードの日本語入力であればこの文字列が出ることになるが、ATOKの場合だと「qあwせdrftgyふじこlp」となったりする。

実際にやってみるとわかるが、この通りに入力するのは意外と難しい。また、最近では携帯電話やスマートフォンからの書き込みが多いため、定型文として登録でもしていない限りこの文字列を入力するのは面倒でありあまり使われない。しかし単に「ふじこ」だけでもネットに慣れた人なら伝わる可能性も。

くぁwせdrftgyふじこlpの元ネタ・意味

これは2chのニュース速報板にて2003年5月17日にたてられた「キーボードの上から三段目と四段目を日本指で左からダーすると」というスレッドが発祥となっている。

「くぁwせdrftgyふじこlp」はまさにこのスレタイ通りにキーボードをなぞることで入力することができる。特に意味のない文字列であるが「ふじこ」という言葉が含まれることからこのようなスレがたてたれたというわけである。つまり最初は「ふじこ」の部分について言いたかったスレなのだが、いつの間にかそれが悲鳴のような表現として用いられるようになった。

ゴールデンボンバーによるくぁwせdrftgyふじこlp

ゴールデンボンバーが2012年に発売したアルバム『ゴールデン・アルバム』に収録されている『デスメンタル』という楽曲では歌詞の一部として「くぁwせdrftgyふじこlp」が用いられている。歌詞に出てくるぐらいなので実際に歌っているのでどのように発音しているかは実際に聞いて確認していただきたい。

「