ふざけたロスタイムですね

読み : フザケタロスタイムデスネ

「ふざけたロスタイムですね」はサッカー中継の際にロスタイム(アディショナルタイム)の時間がおかしい時に使われるフレーズ。「ふざロス」「フザロス」などと略される。
日本代表の試合時に多く用いられ、日本がリードしている状況でやたらロスタイムが長い場合、あるいは日本が負けていてロスタイムが短い場合等に使用される。

ふざけたロスタイムですねの元ネタ・意味

2011年のアジアカップ日本対シリア戦での松木安太郎の言葉

この試合、いろいろとシリア寄りと思われる審判の判定に不満をいだいていた松木が、ロスタイム6分と聞いた時に放った一言である。

なんなんすかこれ」と同じ試合である。