行くな 行くな 超えるな

読み : イクナイクナコエルナ

「行くな 行くな 超えるな」はなんJなどでネタとして用いられるフレーズ。
「悲劇」や「トラウマ」的な話題になった時、あるいは誰かの引退試合などの話題の際に持ち出される。
「逝くな 逝くな 超えるな」などと表記されることも多い。

行くな 行くな 超えるなの元ネタ・意味

このフレーズは2010年9月30日に行われた阪神タイガース・矢野輝弘の引退試合での実況が元ネタとなっている。

矢野はこのシーズン城島健司が加入したこともあり出場機会が激減。以前からの肘の故障などもありこの年限りで現役引退を発表していた。そして迎えた甲子園での最終戦となる9月30日の横浜戦が引退試合ということになった。この日一軍登録をされたものの、すでに怪我などでまともに出場できる状態ではなかったこと、また、この年阪神は優勝争いをしておりこれ以上負けることができなかったことから、矢野はベンチスタートで最後だけ出場する予定であった。

3−1と阪神リードで迎えた9回表、マウンドには当時の守護神であった藤川球児が矢野の入場テーマと共にマウンドに上がる。この時点でまだキャッチャーは城島であり、矢野は2アウトから登場するものだと思われた。

しかし、先頭打者を四球で出し、さらに次の打者も四球でノーアウト一二塁としてしまう。そして迎えた打者は四番の村田…。カウントツーストライクワンボールから投げ込んだ4球目の高めストレートは無情にもレフトスタンドへと運ばれてしまう。この時のサンテレビ中継の実況が「行くな 行くな 超えるな!」という阪神ファンあるいは矢野の心の叫びのようなものだったのである。

逆転スリーランでスコアは阪神3−4横浜となる。阪神は裏にも攻撃を残していたが、優勝争いをしており負けることができないため、結局矢野は引退試合にも関わらず試合に出場することができなかったという悲しい出来事である。
あきらかに阪神ファンによった発言であり、かつ実況ですらないということからネタにされている。そもそもサンテレビは阪神応援チャンネルみたいなものなので当然と言えば当然の実況だったのかもしれない。

このフレーズの他にも村田がホームインする際の「悪夢のような現実が、そこには待っていました。」や藤川が登板した時の解説広澤の「うるうるしますなぁ」、ホームラン直後の矢野やベンチに帰って悪魔のような顔をする村田の画像などもネタにされている。
行くな行くな