かみまみた

読み : カミマミタ

「かみまみた」は言葉やセリフを噛んだ後に使う言葉。
「ご注文は?」「ラーメンぎょうずていちゃく・・・失礼、かみまみた」
「真実はいつもひとぅる・・・失礼、かみまみた」みたいな。

かみまみたの元ネタ・意味

「かみまみた」は西尾維新のライトノベル/アニメ『化物語』に登場する八九寺真宵(はちくじまよい)のセリフが元ネタになっている。八九寺真宵は「まよいマイマイ」から登場するリュックサックを背負った迷子の小学生(の地縛霊)。
真宵は阿良々木の名前を「阿良々々々木さん」「ありゃりゃりゃ木さん」「しららぎさん」などとわざと噛み、阿良々木の「違う、わざとだ」というツッコミに対し「噛みまみた」と返すのがお決まり。つまりは「かみまみた」は「噛みました」を意味する。

figma 化物語 八九寺真宵

噛みましたコレクション

第伍話『第5話 まよいマイマイ 其ノ參』より

真宵「どうかされましたか、阿良々々々木さん」
阿良々木「今度は”ら”が二個多いからな」
真宵「失礼、噛みました」
阿良々木「違う、わざとだ」
真宵「噛みまみた」
阿良々木「わざとじゃないっ!?」

第陸話『するがモンキー 其ノ壹』より

真宵「良々々々木さん」
阿良々木「八九寺、僕の名前をミュージカルみたいに歌い上げるな」
真宵「失礼、噛みました」
阿良々木「違う、わざとだ」
真宵「噛みまみた」
阿良々木「わざとじゃないっ!?」

第拾參話『つばさキャット 其ノ參』より

真宵「ムララ木さんじゃないですか」
阿良々木「人を欲求不満みたいな名前で呼ぶな」
真宵「失礼、噛みました」
阿良々木「違う、わざとだ」
真宵「噛みまみた」
阿良々木「わざとじゃないっ!?」
真宵「神はいた」
阿良々木「どんな奇跡体験をっ!?」

偽物語 第壹話『かれんビー 其ノ壹』より

真宵「なるほど、しららぎさん」
阿良々木「ものすげえかっこいいから、むしろそっちの名前に改名したいぐらいだが、しかし八九寺、何度も何度も繰り返して言うように僕の名前は阿良々木だ!」
真宵「失礼、噛みました」
阿良々木「違う、わざとだ」
真宵「噛みまみた」
阿良々木「わざとじゃないっ!?」
真宵「ファミマ見た?」
阿良々木「そんな気軽にコンビニの場所を確認されても!愛か?愛を買いに行くのか!?298円で!?」
※この前にコンビニで愛が298円で売っていたというやり取りがあった

番外編 偽物語 第壹話『かれんビー 其ノ壹』より

真宵「阿良々木、読子(よみこ)さんじゃないですか」
阿良々木「概ねその通りであって非常におしい感じなんだが、しかし八九寺、人を神保町に本で詰まったビルを所有している、大英帝国図書館・特殊工作部勤務の神使いのお姉さんみたいな名前で呼ぶな。僕の名前は阿良々木暦だ」
※読子は小説/アニメ『R.O.D』に登場する人物

化物語 Blu-ray Disc Box
化物語 Blu-ray Disc Box
「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]