肩さん

読み : カタサン

肩さんとはフリーアナウンサーでタレントの山岸舞彩のネットでの呼び名である。
ちなみに舞彩と書いて「まい」と読む。
2012年のロンドンオリンピックのNHK現地キャスターとして男性視聴者から注目を集め、2013年4月からは日テレ系列の『NEWS ZERO』に出演している。

肩さんの由来・意味

NHK BS1の『Jリーグタイム』や『サタデースポーツ』でキャスターを担当したことで人気を獲得した彼女がネットで『肩さん』と全然かわいくない愛称で呼ばれているのは、単純に肩幅が広いからである。

サタデースポーツのキャスターやロンドンオリンピックの現地キャスターを務めていたようにスポーツに関わる仕事の多い彼女だが、実は水泳のジュニアオリンピックに出場するほどの実力者で、水泳を続けてきたことからがっちりとした肩幅になったものと思われる。

2010年に日テレ系の『踊るさんま御殿』に出演した際には「肩さん」と呼ばれることは女性としてあまり嬉しくはないと語っていたが、2012年の自身のブログでは自らネタにしているなど心境の変化もありそうだ。