かわいいは正義

読み : カワイイハセイギ

「かわいいは正義」は誰が見てもかわいいと思われるイラストや画像、女の子などに使われる言葉。アニメやゲームの内容がイマイチでもキャラクターがかわいければ許す、といった意味合いでも使われる。
英語では「Cute is Justice!!」と表現される。「Cute」は形容詞であるため文法的には間違っているが、そんなことは関係ない。だって、かわいいは正義だから。

かわいいは正義の元ネタ・意味

「かわいいは正義」の元ネタはマンガ『苺ましまろ』(作・ばらスィー)。コミック第一巻の帯のキャッチコピーとして「かわいいは、正義!」と書かれており、汎用性が高くかつ真理をつくフレーズとしてネットユーザーの間で広まっていった。元ネタには読点「、」があるが、ネット用語としては読点は省かれている。
「かわいいは、正義!」というキャッチコピーはよつばスタジオ代表取締役/デザイナーの里見英樹が考案。

「かわいいは正義」はかわいければ何をしても許される(許してしまう)というニュアンスの意味であり、アニメやゲームではキャラクターのかわいさは絶対であるため真理をつく言葉と言われる。しかし現実では果たして「かわいい」=「正義」であるのかどうかと議論されることも。

苺ましまろ
苺ましまろ 1 (電撃コミックス)