名倉やないかい!

読み : ナグラヤナイカイ

「名倉やないかい!」は思っていた人物と異なった場合にツッコミとして発する言葉。
「◯◯かと思ったら、名倉やないかい!」というように使う。
名倉に限定されているので使いドコロが限られるが。

名倉やないかい!の元ネタ

「名倉やないかい!」の元ネタは日本テレビのバラエティ番組『しゃべくり007(セブン)』。「名倉やないかい!」は女優の堀北真希が出演した回に生まれたフレーズ。

堀北真希は飲み会で盛り上げるためにハイタッチをするという話になり、くりいむしちゅーの有田、ネプチューンの名倉、ホリケンとハイタッチをするものの、隣に座っていたチュートリアルの徳井にはされなかった。徳井がそのことをツッコもうとした瞬間、堀北真希を挟んで反対側に座っていた名倉が徳井にハイタッチをしようとする。すると徳井は先輩であるにも関わらず、「名倉やないか!」「堀北ちゃんかと思たら名倉やないか!」とツッコミを入れた。なので元ネタの主はチュートリアルの徳井である。

徳井は”い”を含まない「名倉やないか!」でツッコんだが、そこから有田が面白がって「名倉やないか」と言い始め、「映画にスゲえ詳しい人かと思ったら、名倉やないかい!」「ディレクターと思ったら、名倉やないかい!」など、番組内でちょくちょく使われるようになった。

「名倉やないかい!」の元ネタ動画