オギャリティ

読み : オギャリティ

オギャリティとは – 意味

「オギャリティ」とは、男性が年下女性に母性を感じ、甘えたいと思う感情を表すネット用語である。
赤ちゃんが泣く様子を表す擬音語「オギャー」をベースにした言葉で、年下女性に甘えたいという意味の「オギャる」の名詞形ともいえるのがこの「オギャリティ」。

通常、母性は年上女性に対して感じるものであるが、年下女性に感じる母性を表す言葉として「オギャリティ」が使われる。
母性を感じさせる年下女性に対し、「オギャリティが高い」「オギャリティを感じる」というような使い方をする。
甘えたいという感情から幼児退行をしてしまうことも。

リアリティやアクティビティといった英語の名詞にみられる「〜ティ」をくっつけた言葉である。
「オギャリティ」を英語で表記するなら「Ogyality」といったところか。

『サノバウィッチ』の椎葉紬

「オギャリティ」と同義の「バブみ」も広く使われている。
「バブみ」は「オギャリティ」と似たような意味で、母性を感じさせる年下女性に「バブみを感じる」といったような使われ方をしていた。

ところが、「バブみ」が女性が男性に抱く母性を表す言葉としても使われ始め、「バブみ」が誤用されることが多くなった。
さらには某テレビ番組で「バブみ」を「キャラに対して強い母性を感じること」と紹介されるなど、メディアも誤用の方を正しい使い方と認識してしまう始末。

「年下女性に甘えたい」という限定的な感情を示す言葉として「バブみ」が生まれたわけだが、この誤用では普通の母性を「バブみ」と言い換えるだけになっている。
「バブみ」の誤用が広まってしまったことを受け、ネットでは「オギャリティ」という代替用語が使われるようになった。

バブみの意味