女はどう答えたらいいの?

読み : オンナハドウコタエタライイノ

「女はどう答えたらいいの?」は一部で流行している改変コピペである。
正確には『◯◯大好き男に「どこの●●が好き?」と訊ねられたとき、女はどう答えたらいいの?』というものである。このフレーズ自体はあくまでもタイトルとして用い、非常に長い本文をタイトルに合わせたテーマで改変するというもの。主にはてな匿名ダイアリーにて改変した文章が作成されている他、個人のブログで公開する人もいる。

女はどう答えたらいいの?の元ネタ

これはグルメ口コミサイト『食べログ』における口コミが元ネタ。

東京にある『グルガオン』というインド料理店の口コミページにジュリアス・スージーというレビュアーが投稿した『インド料理大好き男に「どこの店が好き?」と訊ねられたとき、女はどう答えたらいいの?』というタイトルの口コミが元ネタとなっている。その口コミというのが以下のもの。

『インド料理大好き男に「どこの店が好き?」と訊ねられたとき、女はどう答えたらいいの? 』

あ、まず前提として、
貴女がインド料理大好き男を夢中にさせることが、
はたして貴女を幸福にするかどうか、それはまた別問題だけれど。
とはいえ、インド料理大好き男たちは玉石混交ながら、
IT系の超かしこい男なども多く、
したがって、釣り師たる女たちにとっては、
なかなかあなどれない釣り場です。

では、カレー大好き男に「どこの店が好き?」と訊ねられたとき、
貴女は、どう答えれば理想的でしょう?
まず最初に、その男がCoCo壱番屋のようなタイプのカレーライスと
あとはハンバーグ、そして(食べ歩きするほどではないけれど)ラーメンが大好きな、
そんなタイプの場合は、
貴女はかれの目を見て、微笑みとともに質問など無視して、こう言いましょう、
「わたしが、おいしいカレーを作ってあげる♪」
これこそまさに必殺の答えです。
そこでインド料理大好き男が、えへへ、とやにさがったならば、
貴女は、ひそかに、「具がゴロゴロのケンタロウ流ビーフカレー」あたりを
ひそかに練習しておきましょう。これで成功まちがいなしです。

しかし、ここでは、もう少しハイブロウな(?)いわゆるインド料理好きの男の
落とし方をお伝えしましょう。
この場合、貴女は、こう答えましょう、
「わたしは、銀座のグルガオンが好き。
ランチでよく食べるの、カレーはいつもおいしいし、
チーズクルチャも、大好き♪」
もしも貴女がそう答えたならば、
その瞬間、カレー大好き男の目はきらりと輝き、
かれの貴女への恋心は、
20%増量になるでしょう。

なぜって、銀座グルガオンは、
ちょっぴりお洒落な地下のダイニングで、
テラスから自然光が差し込んで、
席間は狭いながらも、そこがまた
ちょっぴりヨーロッパの気さくなお店みたいなふんいきをかもしだしていて。
しかもグルガオンがランチでふるまっているセットは、
日本のインド料理のスタンダードを、
質高くふるまっていて、なおかつ、
チーズクルチャを売りこんだ功績もあって。
したがって銀座グルガオンこそは、
本来なんの接点もないまったく縁もゆかりもない別々の世界に生きている、
岸本セシル似の綺麗系OLと、玉もあれば石も混じっている、そんなカレー大好き男たちが、
この世界で唯一(いいえ、系列店ダバ・インデイア、カイバルと並んで唯三)遭遇しうる場所です。

では、参考までに、危険な回答を挙げておきましょう。
インド料理大好き男に「どこの店が好き?」と訊ねられたとき、
貴女がこう答えたとしましょう、
「C&Cのカレーが好き♪ 週3回は、新宿駅で立ち喰いするの。」
その瞬間、カレー大好き男の貴女への恋心は消えます、
なるほどC&Cは、人気のカレーライスチェーン、
カレーは平凡ながら、ま、無難にまとめてあるものの、
しかし、「スパイスはなんと28種類!」とかなんとか無意味な自慢を吹聴し、
インド料理についての謬見を撒き散らした罪がありますから、カレー大好き男にとっては天敵なんです。
また、もしも貴女が「サムラートが大好き♪ あたし行きつけのサムラートが、都内に7軒あるよ♪」
と答えたとしても、同様の効果をもたらすでしょう、
なぜって、サムラートは、1980年代には東京屈指の名店だったものの、
しかし1990年代そうそうから、いやはやなんともなチェーン店に転落し、
いまや、あの価格帯では、シディークの魅力に遥かに及びません。

またもしもたとえあなたがインド料理が大好きで、
「わたし、表参道のシターラが好き、ランチでも食べるけど、
最高に好きなのはディナー♪ タンドリーチキンも、カレーもすっごくおいしいの。」
と、答えたとしたらどうでしょう?
なるほど、貴女の趣味は高く、
たしかにシターラ表参道は、内装が chick であるのみならず、
料理も最高においしいんですけれど、
しかし、貴女の答えを聞いて、カレー大好き男はきっとおもうでしょう、
(なんだよ、お高くとまった女だな、カネかかりそう)って。

貴女が、インド系料理が大好きで、名店の名を挙げるにしても、
たとえば、銀座アーンドラダイニングならば安心でしょう、
なぜならば、アーンドラダイニングは、ふつうのOLにもマニアにもともに愛されるめずらしい店で、
貴女がその名前を挙げても必ずしも、あなたがカレおた宣言をしているとは受け取られないでしょう。
しかし、たとえば、インドが誇る超絶炊き込みごはん壺焼きビリヤーニの名店、小川町シャヒ・ダワットにせよ、
ヴェジタリアン料理でありながらすばらしくおいしい御徒町ヴェジ・ハーブ・サーガにせよ、
フェミニンなビリヤニと西インド家庭料理が素敵においしい西葛西レカにせよ、
南インドミールスがおいしいスパイス・マジック・カルカッタ西葛西南口店にせよ、
ディナーミールスの軽やかさが優美な武蔵新田南印度ダイニング ポンディバワンにせよ、
気さくな店主夫妻がふるまう素敵においしい1000円ランチミールスの、大森ケララの風にせよ、
ネパール料理の最高峰サンサール、小岩本店、はたまた新宿3丁目店にせよ、
そういうお店の名前をいきなり挙げるのは、ちょっぴり微妙。
ましてや貴女が、「池袋のはずれの味家が大好き♪ わたし、もうほとんど全種類、食べちゃった♪」
と答えたならば、どうでしょう?
これはかなり博打な答え方で、
なるほど、味家は、潰れたラーメン屋を居抜きで借りてやってるネパール料理の超絶名店ゆえ、
あなたがそう答えた瞬間、インド料理大好き男がいきなり超笑顔になって、
鼻の下がだら~んと伸びちゃう可能性もあるにはありますが、
しかし、逆に、(なんだよ、この女、カレーおたくかよ)とおもわれて、どん引きされる可能性もまた大です、
なぜって、必ずしもカレー大好き男がカレー大好き女を好きになるとは、限らないですから。
しかも、この答えには、もうひとつ問題があって、
男たちは、女を導き高みへ引き上げてあげることが大好きゆえ、
もしも貴女が、「味家の料理が大好き♪」なんて言ってしまうと、
そこにはもはや、男が貴女をカレー教育する余地がまったく残されていません、
したがって貴女のその答えは、
インド料理大好き男の貴女への夢を潰してしまうことに他なりません。

ま、ざっとそんな感じです、貴女の目には男たちはバカでスケベで鈍感に見えるでしょうが、
しかし、ああ見せて、男は男で繊細で、傷つきやすく、女に夢を持っています、
貴女の答え方ひとつで、男の貴女への夢は大きくふくらみもすれば、
一瞬で、しぼんでしまいもするでしょう。

では、スキットを繰り返しましょう。

「わたしは、銀座のグルガオンが好き♪
ランチでよく食べるの、カレーはいつもおいしいし、
チーズクルチャも、大好き♪」
そして、その瞬間、カレー大好き男の目がらんらんと輝いたなら、
貴女はこう重ねましょう、
「それからね、いま、わたしが行ってみたいお店は、
木場のカマルプール、素敵なお店って噂を聞いたから。
あなたのお暇なときがあったら、わたしをカマルプールへ連れてって♪」
これでもう完璧です。

そうなったらこっちのもの、
デートの日には、アイメイクをばっちり決めて、かわいい下着をつけて、
アプワイザー・リッシェか、ジルスチュアートの可愛いワンピを着てゆきましょう。
その日から、インド料理大好き男は貴女の虜になるでしょう。
では、釣り師としての貴女の、愛の幸運と幸福をお祈りします!

引用元:http://tabelog.com/rvwr/000436613/rvwdtl/3464106/

このように、まず食べログの口コミとは思えないほど長い。そして『グルガオン』という店の口コミであり確かにグルガオンの素晴らしさを伝えようという内容ではあるが、あまりに話が遠回しすぎる。グルガオンという店を表現するのにここまでの文章が必要なのか!と。しかし、インド料理やカレーに対する知識や情熱はハンパなく、そしてなにより無駄に文章力が高いということで改変コピペが生み出されている。

元ネタの文すら何かの改変なのかと思わせるほどの文章であり、改変してもなかなかこの元ネタを超えられないと言われている。そもそも長すぎて改変するのが大変だし、書こうと思えばその分野に対しての深い知識が必要だということでハードルが高いようだ。読む側にしても「なんだかすごく詳しそう」ということはわかるが、元ネタを知らないと何が言いたいのがよくわからない文章になってしまう。

タイトルが疑問形であることからヤフー知恵袋での質問と回答が元ネタだと思っている人も多いようだ。

このジュリアス・スージーというレビュアーは食べログで他にもインド料理についての口コミや日記を公開しており、やはりどれもかなりの長文となっている。この元ネタを見てインド、もしくはこの人に興味を持ったら覗いてみよう…。
ぼくと女友達とインド料理、ときどきフランス料理