◯◯はポイーで

読み : ◯◯ハポイーデ

◯◯はポイーでは何かを捨てたい時に使うフレーズ。なんJを中心に様々なところで使われる。
「ポイー」は何かを捨てるときの擬音であり「ポイ捨て」の「ポイ」である。
非常に使い勝手が良いのでネットで広く使われるが、なんJでは特に不要な人物(選手)に対して使われることが多い。

◯◯はポイーでの元ネタ

元ネタは2chのなんでも実況ジュピター(通称なんJ)にて生まれた「ウンチはパクーで」というフレーズ。

2009年の11月にネット上でとあるウイルスが広められる。このウイルスはダウンロードしたソフトを実行するとその時のスクリーンショットを撮影して自動的にネット上にアップロードするというもの。そしてそのアップロードされた画像の中に、2chの野球chの巨人専用スレッドを開いている巨人ファンと思われるものがあった。それだけならなんていうことはなかったが、その画像でその人物がスカトロ趣味を持っていることまでわかってしまい、なんJの「野球ch民、ウイルスを踏む」というスレで晒されることになる。

そのスレの中で書き込まれたのが「ウンチはパクーで」というフレーズ。これは2chでよくある「アンチはスルーで」という書き込みをこの件に合わせて書き換えたもの。「アンチはスルーで」は特に巨人関連のスレでよく使われている定型文でもある。この「ウンチはパクーで」はその語感の良さから人気となり、そこからさまざまな形に派生することになる。

「◯◯は●●ーで」という響きが良くいろんな言葉が作られるが、そしてその一つとなったのが不要なものに対して使われる「◯◯はポイーで」である。「アンチはスルーで」は「アンスル」、「ウンチはパクーで」は「ウンパク」と略されるが、「◯◯はポイーで」は◯◯に様々な物や人物が入るためそういった略され方はしない。「ポイー」の部分は「ポイー」と半角カタカナで書かれることも多い。同様の派生後で「◯◯はボコーで」というのも語感が良い。主に「ババアはボコーで」として使われる。