QBK

読み : キュービーケー

QBKはネットで使われるサッカー用語の一つ。主にサッカー中継の実況で書き込まれる。

QBKの元ネタ

急にボールが来たので」の略、サッカーで決定的なチャンスにゴールの枠外にシュートを放った時に使われる。

2006年6月18日、ドイツワールドカップ 日本対クロアチア戦の後半6分、ゴール前でパスを受けた当時の日本代表FW柳沢敦選手。目の前にはゴールだけ、キーパーもいないという決定的な状況で柳沢の放ったシュートはゴールの枠を外してしまう。

これだけであればサッカーではそれほど珍しいことでもないが、試合後柳沢が言った「急にボールが来たので・・・」が大きな反響を呼んだ。ネットでは「急に」を音から「Q」と読み「QBK」と略され世間に広まった。

2007年の現代用語の基礎知識にも掲載されるほどだったが、柳沢本人はQBKと言われていることに1年以上も気づかなかった。あまりのトラウマにネットはあまり見ないようにしていたからだそうな。

今でも決定的なシュートを外した際には一斉に「QBK」と書き込まれる。