ロードローラーだッ!

読み : ロードローラーダッ

「ロードローラーだッ!」は建設機械のロードローラーを見た時に使う言葉。
フジテレビ系「ほこ×たて」などでロードローラーが登場した際なんかによく見かける。

ロードローラーだッ!の元ネタ

この言葉はマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』第三部でDIOと空条承太郎の最後の決戦時にDIOが発した言葉である。

この闘いの中でDIOは時を止めるスタンド能力『ザ・ワールド』で最後の攻撃を仕掛ける。時を止めて姿を消したDIOは時を止めて7秒経過したところで、ロードローラーを持って承太郎の上空から落下、ロードローラーを承太郎にぶつけ、さらにその上から殴って承太郎を押し潰そうとするのであった。この時のDIOの自信満々のセリフが「ロードローラーだッ!」である。

「これでも喰らえ」や「ロードローラーでぶっ潰してやるぜ」といった感じのセリフではなく、「ロードローラーだッ!」と持ってきた武器の名前を叫ぶだけという非常にそのまんまなセリフであることが、このセリフが愛される所以であろう。

上記のようにマンガ版では「ロードローラー」なのだが、OVA版では「タンクローリー」に変更されている。変更の理由はタンクローリーを爆発炎上させることで派手さを演出できるからだと言われている。もちろんOVA版でのセリフは「タンクローリーだッ!」である。

また、このセリフを元ネタとして作られた鏡音リン・レンの『俺のロードローラーだッ!』という曲があり、DIOの事を知らずに「ロードローラー」と言えばこの曲、「ロードローラー」といえば鏡音リン・レンだ!なんていう人もいるようだ。