◯◯さんサイドにも問題がある

読み : ◯◯サンサイドニモモンダイガアル

「◯◯さんサイドにも問題がある」は主になんJでよく使われるフレーズ。
特定の人物や団体などに対して批判的なスレが立った際などに、その反対側の立場の人間にも問題があるんじゃないかという問題提起をする際に使用される。特に権力を持つ人間、団体に対して使われることが多い。
時には全く問題がない相手にも責任を押し付けるようにして使われる。なんJでは野球に関する話題が多いが、ふがいない成績を残した選手について「使った◯◯(チームや監督)さんサイドにも問題があるのでは」というように用いられる。

◯◯さんサイドにも問題があるの元ネタ

このフレーズは食品・飲料メーカーのネスレがかつて行なっていた「ネスカフェ・ゴールドブレンド」のキャンペーンサイトにおける俳優・大沢たかおの朗読サービス『大沢たかおのあなたに朗読』が元ネタとなっている。

これはサイトで文章を入力すると大沢たかおがその文章をネスカフェでお馴染みの「ダバダ〜」に合わせて朗読してくれるというもの。入力した文章をあらかじめ登録されている大沢たかおの音声が読上げてくれるというわけだが、こんなものがネットにあればオモチャにされるのは至極当然のことであった。

案の定大沢たかおボイスにいろんな文章を朗読させるという遊びが流行していったわけだが、中でもこの大沢たかおの朗読サービスを弄んだのがなんJ(なんでも実況J板)住民であった。なんJではいろいろと酷い下ネタのコピペもあるが、そういった文章を大沢たかおに読ませてはスレにURLを貼って遊んでいた。

この大沢たかおの朗読サービスはどんな文章でも朗読してくれるというわけではなく、下ネタなど下品なワードはNGワードとして登録されており、それを避けなければ朗読はしてもらえない。それでもなんとかして下品な文章を読ませて遊びすぎたことから、裏では大沢たかお側がなんJを潰そうとしている、なんていう噂がまことしやかに囁かれるように。そんな中書き込まれたのが以下の文章。

148 :風吹けば名無し[]:2011/04/30(土) 19:51:58.12 ID:HOdS1zGr
何も無条件で朗読させているわけではない
我々も「この文章を朗読していただけないでしょうか」と事前にお伺いを立てている
どういった文章を朗読するかという決定権は大沢たかおさんサイドにある
その上でご自分の意志で朗読していらっしゃるのだからすなわち責任は大沢たかおさんサイドにある
なぜ我々が責められなければならないのか
なぜ我々が大沢たかおさんに謝罪せねばならないのか
むしろ大沢たかおさんこそが我々に謝罪すべきではないだろうか

この「大沢たかおさんサイド」というのが妙に語感が良かったことから、その後なんJで流行。この話とはなんの関係もないところでも「◯◯さんサイド」という言い回しが広く使われるようになった。
なお、この『大沢たかおのあなたに朗読』のサイトはすでに無くなっているもよう。