世界一かわいいよ!

読み : セカイイチカワイイヨ

「世界一かわいいよ!」は文字通り世界一かわいい人に対して使われる言葉である。
主に声優の田村ゆかりに対して用いられる言葉であり、この言葉がそのまま田村ゆかりそのものを表すことも。

世界一かわいいよ!の元ネタ・意味

これは田村ゆかり5枚目のオリジナル・アルバム『銀の旋律、記憶の水音。』に収録されている楽曲『fancy baby doll』におけるファンからのコールである。

この曲の歌詞として「世界一可愛い子に生まれたかった」「世界一可愛いって今日も言ってね」という部分があるのだが、この歌詞に対するファンからのアンサー的なコールが「世界一かわいいよ!」というものなのである。ライブではこの部分を歌わずに観客にコールをさせるのが定番となっており、ファンの「世界一かわいいよ!」に対して「どうもありがとう」とお礼を言う事が多いため「世界一かわいいよ!ドウモアリガト」とセットで用いられることも多い。

田村ゆかりのライブではよく訓練された王国民と呼ばれるファン達の統率の取れたコールが有名だが、このフレーズはそれを代表する存在として広く知られている。